前回『紫電の性能について』記事内にて、米軍鹵獲文書で紫電は「高度6000mにて325kt(602km/h)を発揮する」との記述があると紹介しましたが、それを補足する資料を新たに見つけたので報告します。

これはとある航空機搭乗員候補生の航空術の授業のノートの記述なのですが、日付はおそらく1944年11月、「新鋭機ニツイテ」という項目の中で、紫電の性能は
 一速 305kt(565km/h) max
 二速 325kt(602km/h) max
となっていました。

このデータの信ぴょう性についてですが、決して低くはないと考えています。なぜなら、他の機体の最高速度について、零戦52型は300~305kt(556~565km/h)、雷電は320kt(593km/h)、紫電改は一速310kt(574km/h)、二速329kt(609km/h)となっているからです。

これらの数値は今まで本ブログ内で紹介してきた数値とかなり一致するものです。但し、上昇力については紫電も紫電改も6000mまで5分40秒と書かれているなど、検証を要する部分も残されています。

この授業があったとされる1944年11月という日付を信じるならば、紫電の初飛行からはほぼ2年が、紫電改については約1年が経過しており、とりわけ紫電は制式採用され実戦も経験しているはずです。そのような時期に紫電の最高速度は602km/hと認識されていたことは注目に値すると考えます。

願わくばその速度を発揮する高度が分かれば搭載発動機を推測することができたのに、と思ってしまいます。また、機体のコンディションも気になるところです。

最後に、米軍の太平洋艦隊が発行した諜報誌「Weekly Intelligence Bulletin」の1944年7月21日号のとある1文を紹介して終わりたいと思います。(全文は国会図書館デジタルライブラリーで見ることができます。)

weeklyintelligencebulletin2-20
ここでも、紫電の最高速度は鹵獲したノートによると325ktであると書いてあります。なんとかこの原文を見つけてみたいものです。

今回は短いですが以上となります。最後までお読み頂きありがとうございました。



ABSTRACT IN ENGLISH
I found a description that says N1K1-J's maximum speed is 305kt at 1st speed supercharger alt. and 325kt at 2nd in a notebook dated November 1944 which had belonged to a navy airman student.
This description is reliable, I think, because there are also other navy fighters top speed data in the notebook and they are very close to what we are familiar with.
Also, I attached an image of "Weekly Intelligence Bulletin" by U.S. Pacific Fleet dated 21 July 1944, which says "a captured notebook credits Shiden with a top speed of 325 knots".
I wish I can see the notebook itself too.